■ 雨読

降りしきる雨の日曜
たまになら悪くない
朝 仁川へ出陣してすぐ戻り 散髪でさっぱりする
ビールを飲んでうとうとと午睡
昨夜は 暑くて一度寝付いてから目が覚めただけに 極楽至極

寝転びながら本を開き 思わず読み入ってしまったのが
ようやく順番が回ってきた
「行くのか武蔵」 好村兼一 角川学芸出版 ISBN:9784046215000
そうか~ こう来たか!
見事に一本取られるお話しの運び 筆が立つ語り口
もうひとつの武蔵がここにある
そして ドキンとしてしまう
武蔵の話しではあるのだけど 自分の胸に手を置いて考えさせられてしまった
凡人はもちろんのこと 世慣れしてしまうと 見えなくなってしまうものもあるんやね 
歴史ものがお好きな方はもちろん そうではない方にも楽しんでもらえる


そろそろ
多分8月のはずの出石の永楽館 その日程が発表されていないかと
歌舞伎のサイトを見に行くと
一足先に 9月の南座の演目が載っていた
「通し狂言 義経千本桜」 サブタイトルは「海老蔵凱旋公演」
海老蔵はこの夏にロンドンとローマで“千本桜”するのよね
ふむふむ
これは見逃せない 折角京都で演ってくれるんだしね
久しぶりに 前売の発売に合せてチケットを買いましょう
(でも 三等でも5,000円なんですけど...)

この“千本桜”
タイトル通りだと 普通は 義経が主人公のお話しだと思ってしまうけど
ほとんど義経自身は出てこない
「鳥居前」には少し出てくるけど 影が薄いね
このへんの不思議さが まぁ 歌舞伎の面白さのひとつなんでしょうけど
海老蔵の「いがみの権太」が楽しみです
それに週に二回 佐藤忠信バージョンがあるという趣向も面白い!


優駿牝馬・オークスは
一着同着という珍しい結果
うたた寝をしてたので 映像は見ていないけど
蛯名と横山典の火の出るような叩き合いだったのでしょうか
関東馬同志の決着というのが淋しいけど それも仕方ない
来週は 東京優駿・日本ダービー
ちょっと 今からネジを巻いて一生懸命検討することにします
しかし その日は父親の命日やねんなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2010-05-23 20:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 豪雨 ■ ナチョス! ふたたび >>