■ ナチョス! ふたたび

鳥取の大山を歩こうと決めていた
調べてみると 400キロくらい離れてる
天気予報を確認すると 雨は夕方くらいからになりそうだから
朝早くから歩くと どうにか間に合いそう
もう少し調べると 米子にウインズがあるし その近くに美味しい蕎麦屋さんもあるみたい
皆生温泉にも日帰り湯はあるし 郵便局からMMにハガキも出せそうだ...
5時にはもう明るいけど 3時ごろに出て7時かそのへんから麓の大山寺をスタートできればいいな...
地図やら詳細をプリントアウトしてカバンにしのばせる


金曜の晩は若いのから「飲みに行きましょう」と誘われていたのを忘れてた!
みんないろいろあるのよね
バスの窓からみつけて気になっていた天五にあるお好み焼き
「きっともうひとつやろな」と思いながらも 少し期待
焼くのが早すぎる すなわち 火力が強すぎる!
形式は広島のお好みと同じだけど これだけ火が強いとキャベツの甘さが出えへんで
それでも そこそこ美味しい(どっちやねん!)
狭い店 流行っていて 入れ替わりお客が入ってきて 外には待つ人も
だいたいここで話しは聞いたので
例のナチョスの店に移動
他の若いのも合流して 天満の夜は更けていく...
結局
終電で帰って 午前様
これでは3時には出発できません...

起きると
爽やかな青空が広がっている しまったなぁ...
昨日のうちに 釣師さんに馬券は頼んでいたけど
ふらっと仁川に出陣 昼前に買い物袋を下げて家に戻る
こんな天気なのにぼんやり過ごすのは どう考えてももったいない!
「そうや 今から歩けばええんや!」
今から楽しめるのは 大舟山しかない!
ということで 素早く着替えて出発!

いやぁ
こんな体調で何も考えずに大山を歩かんで良かった
でもまぁ気構えも違うから 大山でも大丈夫やったかもしれんけど
汗びっしょり でも しっかりお山を楽しみました
「これ以上高いところはない」この感覚が達成感につながります
ごくごくと水を飲んで さきほどまでのネガティブな気持ちはどこへやら
ふ~ この快感!
帰り道には「宝乃湯」でさっぱりしました
[PR]
by hangzhou21 | 2010-05-22 19:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 雨読 ■ 小満 >>