■ 團菊祭

松竹座の「團菊祭五月大歌舞伎」
昼の部
「摂州合邦辻 ~ 合邦庵室の場」
「勧進帳」
「河内山」
夜の部
「本朝廿四孝 ~ 十種香」
「京人形」
「髪結新三」

昼夜通しで観たので
さすがにやや疲れました
それに 特に昼の部だけど かなり撃沈してしまい
両隣の方に ややあきれられてしまったかな?
(もっとも 両隣の方も 時折舟を漕いでいらっしゃいましたが...)

“團菊祭”だから 團十郎と菊五郎が出てるのは当然なんだけど
重鎮の藤十郎と三津五郎も元気に出ています
ただ 全体に重い感じで華やかさに欠けるのは仕方ないかな
若手では梅枝と萬太郎の兄弟が良かった
特筆すべきは三津五郎
「河内山」の宗俊 「京人形」の左甚五郎 そして 「髪結新三」の家主長兵衛
美味しいところをみ~んな持って行ってしまった
これなら“三津五郎祭”と銘打っても良かったくらい
菊五郎 「勧進帳」の富樫 「髪結~」の新三と艶っぽいてかりを見せてくれました
ただ 團十郎 初心者のボクが観てもキレがなかった
どこか身体の具合が良くないんとちゃうかな? やや心配
「合邦」の玉手御前を演じた菊之助
二階席(昼の部は二等席)からでは その妖しさがよくわかりませんでした(残念!)

お話しとして面白かったのは
「髪結~」
「合邦」「十種香」ではもうひとつだった時蔵
ここでは 調子が良くて頼りない忠七を好演
菊之助もここでは立ち役で勝奴というチンピラを演じているのが目につきました
いい人だった新三が 徐々に本性を現すところを 菊五郎が派手に上手く演じてる!
二時間を超す芝居だけど その時間を全く感じさせないスピーディな展開
この「髪結~」だけでも 幕見でご覧になる値打ちがあるような気がします
チャンスがあれば 別の顔合せでもう一度観たいものです


その歌舞伎の合間
ケイタイにメイル
釣師さんから「ビクトリアマイル取ったで~!」という知らせ
良かったね 今度何かおごってくださいね

昼夜の入替
戎橋のたもと
何故か水色のバッグを持った若い人が目立つ
よ~く見ると「Hey Say Jump」の紺の文字
ふ~む 新歌舞伎座でやってるのかと思ったら
大阪ドームで5万人を超える動員だったとか
満員でも1,000人ちょっとの松竹座とはスケールが違いますね びっくりしました 
[PR]
by hangzhou21 | 2010-05-16 22:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ サポートメンバー ■ 野良猫は難しい >>