■ 不安定な春

気温が上がらない日が多く
はやくも稲作への影響を心配しているけど
面白いこともあって
今年は ムシさんの出番が遅れている
例年だとGWの前からツバキの新芽にアブラムシがかなりついているけど
今年は ほんの少しだけ
買ってきたけどオルトランを撒くまでもなく対処できる
これで チャドクガも出てこなかったらええねんけど
それは もう数週間は様子をみないとね

三年ほど前から
「あまくさ」を地植えにして
その横に「シークワーサー」の鉢を置いていると
どうやって見つけて来るのか
どこからか アゲハチョウが優雅に舞いながらやってくるようになった
大きいのもいるし かわいいアオスジアゲハまでさまざま
アブラムシは見つけ次第 どんどん捕殺できるけど
アゲハの幼虫はなかなか出来ない
それに 一種の擬態だと思うけど かなり醜い姿をしてるしね
(まるで 葉っぱの上に落とされたトリの糞)
それが どんどん大きくなって
結構な量の葉っぱを食べてしまう
今年は 幾つかは実がつくだろうし 今からその対策を考えないと...


東成の某クライアント
その建屋の角に植わっているのが
八重だけど猪口咲きで濃い紅のツバキ
結実しやすいようで 足許には弾けた種が幾つも落ちていた
それを拾ったのが 1月ごろだったかな
湿らせたミズゴケと一緒にビニールでくるんで冷蔵庫の上に放置していたら
気温が上がってきたせいか
5つのうち4つ発芽していたので
少し根を切って鉢に下ろす
無事に大きくなったら
この春に生まれたもう若くないのの赤ちゃんと同じ名前をつけようかな
 
実は
この近くのマンションの植え込みに
たぶん「赤腰蓑(あかこしみの)」だと思われるツバキをみつけてある
深紅の唐子咲 なかなか味わい深い花
これは結実しないようなので
もう少ししたら 穂先をもらいに行こうかと...
そういえば
中津でみつけてあるサザンカ「丁子車(ちょうじくるま)」
こちらも枯れてしまわないうちに穂先をもらわんとなぁ...
(丁子車は淡いピンクの唐子咲です)
拙宅にも
実生から花を付けてくれるようになった一鉢が唐子咲のツバキ
こちらは 唐子の部分がやや白い
これを空いたスペースに地植えにしようと考えているんやけど...
(そんな作業 いつ出来るんやろ?)
[PR]
by hangzhou21 | 2010-05-12 22:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ ナチョス! ■ 煙たい焼肉 >>