■ 春の大舟山

先週歩いた虚空蔵山
その頂上から見えた あのとんがった特徴がある姿は大舟山に違いない!
ほんと
すっかりご無沙汰している
久しぶりに独りで歩いてみようか
大舟山は二年ぶり
それに 単独行はお正月の比叡山下見以来だしね

いつの間にか
山でのスピードも持久力も すっかり失っている
(まぁ もともとなかったんだけどね)
一向に脚は速まらないのに 息だけはすぐに上がってしまう
いかんなぁ
気ままなペースで ゼ~ゼ~荒い息 汗びっしょり
それでも 1時間ほどで山頂
この開放感がたまりません!
静かで誰もいないし 誰ともすれ違わない この閑静さがこの山の魅力
だから 誰に気遣うこともなく
息を整え 持ってきたお茶を飲み干す
ふ~
生き返った!

麓にある三つの溜池は美しいエメラルドグリーン
畦はきれいに刈られていて なんだかゴルフ場みたい
田んぼには珍しくヤギがいて
めぇ~めぇ~鳴いている

そういえば
先週の有馬から 深夜の帰り道
キラリと何かが Qちゃんの照明に反射したと思ったら
野うさぎがダッシュで草むらへ
ふ~む
六甲にも灰褐色のうさぎが暮らしているんやなぁ...


幸か不幸か
ユタカは
何箇所か骨折しているものの 意識はしっかりしているらしい
(ほっとした!)
このところ 往年の勢いは薄れているものの
まだまだJRAのスターとして競馬界を引っ張ってもらわないとね
今回のこの事故で春のクラシックは難しいかもしれないけど
ゆっくり休んで しっかり直してください

前日発売で買った
高松宮記念 マーチステークス そして中京の最終 美しく外す
まぁ
当たる気もしてなかったから あんまり熱くならない金額しか買ってない
高松宮記念では 四位がGIの勲章を手にしたんだけど
何故か
四位って勝っても勝っても 花がないような気がするのは ボクだけ?
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-28 21:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 夏炉冬扇 ■ 毎日杯 >>