■ 三者面談

どういう風の吹き回しか
かわいがっている若いの その母親 そしてボク
元町の某中華料理屋 三人で火鍋を囲む
ふ~
いろいろあります

お母さん
ボクより少し先輩で 広島の四季が丘から来られた
広島勤務時代の思い出ともダブルこともあって
今の広島ではなく 少し前の広島街ネタで盛り上がる
「立町の奥の方(中の棚)にトンカツ屋さんがありましたよね」
「“歩留久・ポルク”のこと? 広島でトンカツといえば“ポルク”じゃったねぇ」
てな 感じ
口はよ~く動いているけど しゃべるのに忙しく お箸はちっとも動いてませんょ!
若いののお母さんというよりは
学校の先輩や知り合いの方とお喋りしているような雰囲気
それでも しっかり若いののことを褒めておくのも忘れません
他にも
山歩きや歌舞伎など趣味の守備範囲も近くて
若いのとの事前打合せのとおりの話題が展開され
楽しいひと時が流れました

有馬にある職場の保養所に泊まられるというので
狭いQちゃんに同乗していただき 有馬までドライブ
翌日は 京都へ移動して そこにもある保養所でもう一泊
京都ではこの若いのがお付き合いしている“ヤツ”と
食事をするとかしないとか...
今夜のように上手く行くかな?

このところ
たて続けに広島に縁がある方とお会いしている
思い返せば
そんなに長い間住んでいたわけでもなく
こっちに戻ってからもずいぶんとになるのに
不思議なものだなぁ
もう完全に“第二の故郷”って感じやね
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-17 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 暑さ寒さも... ■ いい人、いい上司 >>