■ 日常に戻る

目が覚めると
いつもの日常が始まる
チチチとメジロの声が聞こえ
コーヒーを入れて 煙草をのみながら 新聞を開く
天気が良くないから洗濯も庭仕事も無理かななんて思いながら...
このいつもの日常が好き
この日常の素晴らしさを確認するために 旅に出るのかもしれない

何通かのメイルを発信する
本当は 何度も読み返して推敲 出来れば一晩くらい置きたいけど
スピード感も大事だからそうもしていられない
文字を直接書く手紙とは 基本的に“重さ”が違う
いや “軽さ”というべきか


「ベンハムの独楽」(小島達矢 新潮社 ISBN:9784103216216)
少し陰鬱とした連作集
人は誰しもダークサイドを持っているということなのかもしれないけど
そんな言葉だけでは表現しきれない
興味深く面白いと思う人もいるだろうし そうじゃない人もいるんだろうな

「夜のゲーム」(オジョンヒ 段々社 ISBN:9784434140174)
ボクのような旅行者が ソウルの街の表層をすくっても決して見えない
一皮剥けば そこにはいろんな表情があるんだな
高度成長で駆け抜けた韓国の街
市井に隠れているちょっとしたぬかるみがとても上手く切り取られている

「パレード」(吉田修一 幻冬舎文庫 ISBN:4344405153)
哲くんから貸していただいた
一行目の文字を追いかけて まるでデジャヴのような感覚
二行目に入って確信に変り 三行目までに調べてみると...
やっぱり 2006年に読んでいる
でも
さっぱりどんなお話しが展開されるのか思い出せない 覚えていない
そんなものなのかな
読み進めると そうか横道世之助の原型はこのお話しだったのかとわかる


仁川から戻り
エスパルスとモンテディオ グランパスとフロンターレ
NHKの中継をハシゴ
チョンセデのゴールに 技術も戦術も大切だけど最後は気持ちなんだと改めて知る
明日は
神戸でヴィッセル戦
過密日程で確かに疲れていると思う
でも 気持ちでは何処にも負けない そんなつもりで頑張ってほしい
それしかないでしょ!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-13 21:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ やっと勝った ■ ソウルにいる貴女へ >>