■ 浦項哀歌

これが アジアとの差
判断も 精度も 速さも 強さも
何もかもが一歩遅く弱い
それでも よく耐えしのぎ 相手のミスにも助けられた
そして ゴールの匂いが全く無かったわけでもない
その数少ないチャンスを生かすことが出来てさえいれば...
ゲームを動かし決めたのはセットプレー
今季のサンフレ 得失点ともにセットプレー
サンフレはシュート欠乏症に陥っている
放たれないシュートはゴールに結びつくことは無い

今夜の監督は早く動いた
でも交代させる選手は中島やコウジではなく山岸だった
ゲームを通じて右サイドへのパスはことごとくカットされていて
精度が低いというよりも 息が合わないのかポジションが悪いのか...
コウタの出来もイマイチだっただけに 翼が折れていたもんなぁ...
かと云ってサイドでプレーできる選手が控えにいなかったのも事実だけど...



ぶあつい雲の切れ間から ソウルの街並みが見える
なんと真っ白な雪化粧
その刹那 また雲の中に突っ込んで機体は上昇し始める
「管制塔から着陸を回避するよう指示がありました」とアナウンスが流れる
国内線に乗り換え これまた雪景色の浦項へ着陸したのは16時少し前
10年ほど前に相次いで二度お邪魔した浦項
空港ターミナルはすっかり近代的に建替えられ以前の面影は無い

ホテルにチェックインして街を歩く
少し歩くと海産物の市場兼食堂が軒を連ねる一角
水槽にはズワイガニやら巨大なヒラメやらが泳ぎ回ってる
まだ時間が早いのでどの店もヒマそう

ソウルに駐在されているスポーツ大好きな方と偶然ご一緒する
おかげで ホテルは送迎してくれるし
ゲーム終了後の記者会見に同席できるし
ミックスゾーンで取材を受ける選手の姿を間近で見ることができた
浦項に所属する岡山選手とは言葉も交わし握手までしていただきました
少し会っただけなにの明るく気さくな人柄がにじみ出ていました

それにしても
寒い寒い寒い寒い寒い!
サッカーを観に行って そのスタンドの足許に雪が積もっていたのは初めての経験
シートに積もっていたであろう雪は全て払いのけられていたけど
雪を踏みながらのサッカー観戦 これも経験だけどびっくりしました
グッズ売場では この日の対戦を記念したマフラーを買いました
なかなかいいアイデアの商品ですね

ACLの次節はアウェイでアデレード戦
勝点を取るなんて流暢なことは云っていられない
残り4ゲーム全て勝たないと 勝ち抜きは難しい
その前に こんどの日曜は神戸でヴィッセル 翌週は平塚でベルマーレ
なかなか息が抜けないけど
なんとか結果を出してもらいたいです はい
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-10 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ ホットプレート理論 ■ 明日から韓国 >>