■ 卒業する君へ

外壁の塗装を塗り替える必要があるとのことで
見積もりをお願いしていた
まぁ びっくりするような数字が並んでいる
まぁ 母親のメンツもあるので そのままお願いすることになった
数年前の無料診断で予告されていたこともあって
ボクにしては珍しく積み立てていたので
それを今回の費用に充てることにする
生活するというのは 日々の食費や光熱費以外にも(もちろん税金も!)
なんやかやとお金が掛かるものなのだと実感する
工事そのものは4月から二週間くらいらしい
しばらくは騒々しい
まっ ほとんど夜しか家にいないけどね

一直線に春に向っていると思っていたのに
昼ごろから冷たい風が吹き始める
コートなしの外出に慣れていたので 帰り道は冷たかった
やっぱし一筋縄には行かない
行ったり来たりしながらなんだね
家に帰ってからもセーターを着込んだ
寒さもピークを過ぎていると知っているせいか
この冬の名残もなんだかいとおしく感じるから不思議
天気予報によるとしばらくは寒さがぶり返すらしい
この週末のビッグアーチも浦項も寒いのかなぁ 雪かな?


いまだに
異動の件が決まらず
耳に入るハナシも 日ごとに二転三転
落ち着かないしイライラさえする
ほんまどないなってんねん...

この異動の件とは関係なく
若いのと一時間程度の面談 一年間の振り返り
各々紆余曲折 まっすぐにグングンとは行かないけど
みんな成長している
話しをしながら あんなことこんなこと いろいろ思い出す
泣いたり泣かせたり笑ったり
考えてみたら濃厚な時間を共有してきたのだなと思う
それに
一人ひとり違うんだな 同じ事をさせても全く違う結果になる
個性といえば一言なんだけど...
その個性を大切にした指導(?)が出来たのかは 甚だ疑問
指導というよりも その時の感情に任せてぶちまけていたような気もする
ずいぶんと憎まれているんやろなぁ...
すんません 至らぬおっさんで...

この春でボクの手許から“卒業”していく人たちには
そんなこんなで申し訳ない思い
まだ残る若いのややって来る人には
同じ事を繰り返さず 大きくのびのびと成長できるよう側面から援護しますね

イライラしながらも
いろんな思いが交錯する春の日です はい
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-03 21:59 | けんちゃな日記 | Comments(1)
Commented at 2010-03-04 23:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ■ 内示 ■ 犯人は執事 >>