■ 地御前の牡蠣とフキノトウ

夜半から降り出した雨
北面の窓を叩く音で目が覚める
「これやったら今日は何も出来そうにないな...」
まだ暗いなか起き出し 朝食の準備をしつつ朝刊に目を通す

そういえば 月に一度は温泉までウォーキングするとか云ってたのに
もう2月もおしまい
この雨だと 庭仕事は出来なさそうだし 仁川へ行くのも億劫
そうこう思っているうちに 天候は急変 雨が上がり 雲間から青空が見える
そう来たか~!
ラジオでスケート女子が100分の2秒差で金メダルを逃したのを聞きながら
(それでも 銀メダルおめでとう!)
すばやく身支度 さぁ 出発!

目指すのは
ご無沙汰している中山にある「宝乃湯」
前回は競馬場の東側にある武庫川新橋を渡ったので
今回はパラを経由して 阪急に沿って北上
宝塚市役所前を通って宝塚新大橋を渡り 小浜宿を通り抜ける
さほど気温も低くなく 歩くには快適
でも 中国道の高架をくぐる頃には歩き詰めだったせいか ちびっとくたびれた
小林の駅前から知らなかったけど 古い街道筋が残っていて
新しい発見やったなぁ...

少しぬるい名湯で疲れを癒し そのまま仁川へ出陣
とんとんと当たるのは昨日と同じ
それで気を良くして前売りを買い込んだのに 全てハズスのも昨日と同じ
がっくし
(クィンビークイン号もついていけずにさっぱり...トホホ)

午後からは
重い腰を上げて庭仕事
施肥する前にまず掃除
花ガラを拾い しゃがみこんで泥だらけになって雑草を抜いていると...
「まいど!」と森の音さんとしんくんが来てくれた
ありがとう!

地御前(じごぜん)産の牡蠣が朝のうちに届き
フキノトウも届く
それぞれフライとてんぷらにしていただく
牡蠣の潮の香りを楽しみ
フキノトウのほろ苦さに早春を感じる
う~
気持ちのいい休日だった
[PR]
by hangzhou21 | 2010-02-28 19:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 二月のお昼ごはん ■ 初春の休日 >>