■ 半島で読んだ本

極寒の半島へ旅の友にしたのは三冊

「あねチャリ」(川西蘭 小学館 ISBN:9784093862639)
カバーには七五三の包装紙
そうやった!
発売されてすぐに普通の書店さん買ってそのままになっていたんや...
それに カバーをかけないと持ち歩けないような表紙やねんなぁ...
するっと というわけにはいかないけど まぁ楽しく読めたかな
自転車の世界ってボクが知っている以上に幅が広い
さくっと端折られた5年間のお話しを読んでみたいような
それとも その後のお話を追い掛けたいような...
いや 川西蘭には「セカンド・ウインド」の続きを是非!

「中南米が日本を追い抜く日 三菱商事駐在員の目」(石田博士 朝日新書 ISBN:9784022732170)
なぜかasahi.comによく見出しが出ていて
奈良にある豊住書店さんでとうとう購入
赤いブックカバーをかけていただきました!
内容は読み物風 簡単にさくっと読めます
踏み込みは浅い
でも 中南米諸国が抱える問題点よりもそのポテンシャルがよくわかります
ボクなんか単純だから 一発宝くじを当てて チリのワイナリーを巡ってみたいなと...
あんまり考えずに読むにはもってこいの本でした

「ルポ 貧困大国アメリカ II 」(堤未果 岩波新書 ISBN:9784004312253)
こちらはとうとう開かず
帰ってから読み始めてます
(ちびっと気が重い)

そういえば
ソウルの地下鉄 車内で本を読んでいる人が減ったかな
日本でも同じようなものなのだけど
あんなに巨大な書店さんが数多くあるのに なんだか不思議なような気もします
みなさん ケイタイをいじっているのも日本と同じ
新聞を読んでいる人も極端に減った
数年前は フリーペーパーを手にしている人があんなに多かったのに...
で 観察していると ぼ~としているか 居眠りしている
う~む
日本もそうだけど 韓国でも疲弊している人が多いのかなぁ...

こっちに帰ってきてから
正月以来行かないように気を付けていたんだけど
用事のついでに心斎橋にあるBOOK-OFFへ ついつい...
「犬は勘定に入れません」(コニー・ウィリス 早川書房 ISBN:9784152085535)
これ 出た時に気になっていてんなぁ
「ドゥームズデイ・ブック」(ハヤカワ文庫SF ISBN:9784150114374)の続編らしいし
ちびっと重いけどしっかり読みます
その後 江坂の駅前のBOOK-OFFへも寄ってしまう
余り時間がないから さらっと見ただけなんだけど...
目に飛び込んで来たのが
「船に乗れ!3 合奏協奏曲」(藤谷治 ジャイブ ISBN:978486177357)
よっしゃ これでシリーズが揃った!

いかんなぁ
こうして 読む時間もないのに
積読の本ばっかりがたまって行くんやなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2010-02-09 23:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 怒髪天を突く! ■ 三日間の留守 >>