■ ミーティングポイント

「ソウルの寒さってこんなんやったな」
煙草をのみながらバスを待つ 外気にさらされて思い出す
古ぼけて少しさびれた金浦空港の国際線ターミナル

実は
パスポートの有効期間が今日の時点で2ヵ月と少ししかなかった
気付いたのが先週の終わりの頃
自分自身ではすっかり5月まで有効だと思い込んでいた
あわてて調べてみると
入国時点で「(有効期間が)3ヶ月以上が望ましい」となっている
しもた! これはもう今回の旅行はキャンセルや!
でも“望ましい”って何?
大阪の領事館に電話をして確認してみると
入れるとも入れないとも...明言は避けている 
でも 過去に虚偽の申請をしていないかと入国審査官の判断と言う
きっと“けんちゃな”なんやと思うことにする
ソウルへ着いて入国できずにそのまま帰るのも またいい経験やん
関空でのチェックイン時 アシアナの職員は何も言わなかったし
ボクも敢えて尋ねなかった
ドキドキしながら入国審査の列に並ぶと
女性の係官 ボクのパスポートには全く興味を示さず
端末を叩いて ポンっと判子を押して返してくれる
有効期間の日付を確認したとも思えない
スタンプには 入国の有効期間は5月までとなっている
ほっとしたというか
やっぱり“けんちゃな”やねんな

ほどなくバスが来て市内へと運んでくれる
ソウルへは去年の3月以来
あのときは珍しくツアーに参加していたんやった
金浦から市内だと 高速を走るわけでもなく普通の道
スピードも出ないし なんだかまどろっこしい
でも だからこそ街の様子が手に取るようにわかるのもいい
快晴だけど乾燥していてどこか埃っぽくて うっすら白味かかっているような
そうそう 冬のソウルってこんなんやった


リウム美術館
何年か続けて ここのギフトショップで財布を買っている
春に買う財布は“張る”財布だから縁起がいい
(逆に秋に買うと“空き”財布!)
財布以外にも ちょっと洒落たものもゴソゴソっと買う
売店は美術館の外にあって自由に入れます

すると
若いのからケイタイに連絡が入る
一旦落ち合ってから その後の予定を決めることにした
しかし
待合せが下手になった
今では互いにケイタイを持っていることが前提だから
“何処かで何時に”という待合せをすることがなくなった
いつでもケイタイで連絡が取れあえる環境だから こんな待合わせは必要ない
ケイタイがないとボクのケイタイに電話するのもひと苦労
ソウルでも公衆電話は確実に減っている(それでも日本よりは多いかな街角に電話ボックスは健在!)
きっと地下鉄で移動してくるだろうと
地下鉄からの入口近くで待っている
そんな目で見ているせいか ほんとケイタイを持っている人が多くて
20人に一人くらいはケイタイで話しながら歩いている
女性のファッションの傾向もよ~くわかる
ふつうの倍くらい待ってようやく 若い三人組が到着 良かった!

ヒザが良くないおっさんにとって
ソウルは優しくない街でもある
街中に階段は多いしステップは日本より少し大きい
それに歩道も段差が大きくてガタガタ
地下鉄でも階段が少なくない
杖でも持ってきたら良かったかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2010-02-04 23:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 朝から晩まで4本 ■ 寒い節分 >>