■ 大阪国際女子マラソン

もう何十年も前だけど
嵐電に乗っていて三条口で停まった電車がなかなか動かない
おかしい!と思ったら ランナーたちが西大路を南へ向かって駆け抜けて行った
韓国の浦項だったか慶州だったか
昼ごはんを食べ終わって通りに出ると
大通りにふらふらになったランナーが走っていた
あれはマラソンだったのか駅伝だったのか 高校生たちだったように思うけど...
一度 マラソンか駅伝を沿道で応援してみたいと思っていたけど
それはなかなかかなわなかった
(母校が高校駅伝に出たのに都大路へ行かなかったくらいやしなぁ...)

それが
世の中どういう巡り合わせかわからない
生憎の冷たい雨がそぼ降るなか 長居競技場
スタート5分前くらいに選手たちが400余名がトラックに姿を見せると
一気に雰囲気が盛り上がる
...というものの 知っている人が走るわけでもなく ボクは傍観者
想像を遥かに超えた 色とりどりのウェアの一団 雪崩のように動き始める
そこには 今から40キロ以上を走るという気負いもなければ
大会に出場するという晴れやかさも感じられなかった(きっと天気のせいだな)
トラックを三周するうちに
軽やかな足取りの先頭の一団
一般参加の選手たちを周回遅れで呑み込みそうになる
あっ!
間一髪 先頭はトラックコースを外れ競技場から飛び出していく...
一般参加の人たちは 集団が伸びきって まるでカラフルなイモ虫のように見えた
それでも
花を失った競技場は静まり返り なんだか寂しい
スタンドでマラソンや駅伝を見送るとはこんなことだったのか
選手たちの帰還を待つこともなく
滞りなく取材も終え(マラソンののもの取材ではないしね)地下鉄の駅へ
でも なんだか心の中には少しだけ“余韻”が残っていた

そういえばメインの競技場はセレッソには器が大きすぎるからなのか
セレッソは隣接する球技場を天然芝に張り替え
ホームスタジアムにするってアナウンスされてたな
ここは日本で一番アメリカンフットボールが観戦しやすいスタジアムであっただけに
なんだか惜しい...


府中では三歳のオープン クロッカスステークス
トシギャングスターが武豊で出走
ここで勝つようならクラシックはムリでもGI戦線で楽しめると思ったけど
世の中なかなか上手く行かない
釣師さんにお願いして PATで単複を張り込んだけれど...7着
ビデオもまだ見ていないけど 一気に夢がしぼんでしまいました...
[PR]
by hangzhou21 | 2010-01-31 22:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 一月のお昼 ■ イベント開催中! >>