■ 海角七號

昨年の春だったか
台北へ遊びに行く若いのにおみやげに頼んで買ってきてもらったDVD
「海角七號」
封も切らないうちに日本で公開されている
台湾での映画興行記録の歴代二位だそうだ
楽しみなような 不安なような...
平日の昼下がりだしガラガラかと思っていたら
本編が始まる寸前に飛び込むと チケットの番号は41番!
しかも 何故か年配の方が多いのが不思議

予想とはずいぶん違ったけど
まずまず面白いお話しで良かった (いや 考えてみたらヒドイお話しなんだけど...)
基本的にいい人ばかり出てくるから 安心して観ることが出来るのはいいよね
ただ
お話しの絡みがどうもわからない
友子が阿嘉に惹かれていくプロセスをもう少し丁寧に描いて欲しかったな
わかっちゃいるけど やや唐突だったかな

これ
舞台が台湾ではなく朝鮮半島だったらどうなんだろう?
きっとよく似たエピソードは幾つもあっただろうに...
国民性の違いと言えばそれまでだけど その違いに今更ながら驚きもします
劇場を出るときに 思わずサントラを買ってしまいました はい
(なんと “馬拉桑”も並べられて売られているのには驚きました! こっちは買わなかったけど)


本当は休暇を取っていた
チケットが取れれば 一足早く東京へ行って 新橋演舞場の夜の部を観に行こう
そんな計画だったけど 何故か 夜の部は連日満席で
何度も調べたけど空きそうにないので諦める
いろんな絡みもあって 午前中は普段どおりに職場に出て ちょろっと仕事

ガーデンシネマで映画を観てから
どうも腰が重いので織部さんへ行ってから温泉のコースを設定
ところが 木曜の午後 織部さんは休診やんか!
仕方がないので 湯華廊のミストサウナで入念にストレッチ 腰も幾らかましになりました
(う~ こりゃ しばらくは宝乃湯には行けそうもないなぁ...)
[PR]
by hangzhou21 | 2010-01-21 20:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 長い会議 ■ 小林と江川 >>