■ 神保町某所

神保町の某所
おっさんが4人集まってごにょごにょとしゃべりながら鍋を囲む
初めて会ったときはみんな20代だったのに
それだけ月日が流れたのね
久しぶりに“女学院前会”
交差したり離れたりしながらお互いが別の道を歩いてる
それぞれがその時に応じた悩みを抱えていて
今は損得がない間柄だから オープンにして個人的な出来事や悩みを話してくれる
いろいろな人生があるのだなと思う
考えてみれば お互いを知っているのは当然として家族のこともみ~んな知っているのだから ちびっと不思議
結局 アドバイスや解決方法を授けられるわけではないけど
苦しみを少しは吐露できてスッキリするのでしょうか
もっともお悩み相談室をしているのではないし 後ろ向きな話題はほとんどない
アホみたいな話しもして 盛り上がっております
半年か一年に一度 こうして会うのもいいものです
いつも思い出しているわけではないけど こうして顔を合わせると
都合よく「あゝ仲間がいるんだな」と妙に安心してしまう
皆さんこうして集まってくれてありがとう!


「どないなってんねん!」と唸ってしまうほど寒い
朝の岸里は震え上がるほど寒かった!

不思議なことに お昼を少し回った頃の飯田橋駅前
大阪より絶対あったかい!


ちょっとしたセミナーを見学
若者たちの 未熟で青いながらも溌剌としたエネルギーに触れ
少し元気をわけてもらったような気がしました
何よりも 講師の方が良かった
それに 学生対象だからと 手を抜かない内容のチョイスが良かった!

テンション下がっていたけど
少しファイトが湧いてきた(かな?)
[PR]
by hangzhou21 | 2009-12-17 23:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 寄り道(してないけど) ■ カシミール ランプハウス >>