■ 師走の金曜

水曜は用事で
木曜は休日で それぞれ東京で過ごすと
金曜は大阪のデスクでやらねばならないことが山盛りで待っていた
まぁ仕方ないね

そろそろ
年末年始をどういうふうに過ごすか
具体的に考えないといけない頃になって来た
お正月は
初日の出を甲山で拝む以外は予定はなく
天皇杯の決勝や駅伝 ライスボウルなどをTV見て
家でゴロゴロ過ごすという例年通りのパターンで
明けての成人の日を含む三連休は山口へお邪魔するとして
問題は 年末だな
今年は曜日の並びがもうひとつ
22日の火曜を仕事納めにするのは やっぱり顰蹙かな?
もちろん 1/4もお休みです
円高だけど
景気も悪いしね どうなることやら...


てっちゃんが持っているというので貸してもらったのが
「ジョーカー・ゲーム」柳広司 角川書店 ISBN:9784048738514
出たときから書店さんにドカンと積まれていて気になっていた
「ダブル・ジョーカー」(角川書店 ISBN:9784048739603)という続編も出てるし
この人は「虎と月」(理論社 ISBN:9784652086315)が気になっている
中島敦の「山月記」の後日譚のようなお話しだそう
今年は中島敦の生誕百年ということもあって ちょっとしたフェアがあり紹介されていた
科挙にかけた夢が破れた虎になってしまった李陵のその後というよりも
李陵の息子のお話しだそうだけど...
で 元に戻って「ジョーカー・ゲーム」なかなか読ませる
少々理屈っぽい気もするけど ちょっと読むには面白い
「ダブル・ジョーカー」も貸してもらおう!
[PR]
by hangzhou21 | 2009-12-04 22:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ ビッグアーチ 最終節 ■ ゾンビとネズミ >>