■ いろいろあった土曜のこと

土曜の朝 スポニチを見ると
府中にトシギャングスター(なんと吉田豊で!) 淀でピノブランが使うみたい
短期放牧中だけど
ハイキングの集合時間にも間に合うので ついつい仁川へ寄ってしまう
(近くに競馬場があるのも困ったもんだ!)
後で気付いたんだけど ピノブランが出たレースに オースミアザレアも走っていたみたい(殿だった)

ハイキングの例会に出発する前に
出勤するそ~さんを見送るために外に出ると
となりのおじさん なんと派手なサイクリングウェアに身を包み 
見たこともないロードバイクの脇にしゃがんでる
なんと サングラスにヘルメット付き
う~ まったく別人に見える! このおじさん 70近いはずなんだけど...
そのバイクにまたがって 「今から六甲に上る!」とおっしゃる
こりゃ 途中で森の音さんが抜かされてしまわないか心配だ!
(しかも このバイク30万もしたという本格派!)
う~ 知らんかった! いつの間にこんなことにチャレンジしてたんや~!
以前から 野球にソフトボール... アクティブな方だとは知っていたけどなぁ...
(もっとも この朝は強風に負けて 途中で帰ってきたらしいけど...)


その土曜の夜
レイトが終わってQちゃんに乗って京都ICへ向かう
例によって NHKのAMが流れているんだけど
番組はラジオドラマの「ラジオ文芸館」
その語り口調と 胸がきゅんとするお話しの中身にぐいぐいと引き込まれてしまう
青春のお話しなのね...
調べてみると 谷村志穂という方が書いた「青い空のダイブ」
語りのアナウンサーは名古屋放送局のアナウンサー森山春香さん(若々しい声がいい!)
途中から聴き始めたけれど
幼馴染の二人がそのまま大きくなって... というありがちなような気もするけど
最後は スカイダイビングで終わるというダイナミックさがいいな
原典は詳伝社文庫の「恋愛アンソロジー Friends」(ISBN:9784396332433)に収められているらしい
2005年の発行だけど まだ書店さんにあるかな?
ちびっと読んでみたくなった

青春ものといえば
「船に乗れ!」の続刊が二冊も出ているのに
どうも 新古書店さんでは出会えてない!
「船に乗れ!2 独奏」(藤谷治 ジャイブ ISBN:9784861766817)
「船に乗れ!3 合奏協奏曲」 」(藤谷治 ジャイブ ISBN:9784861767357)
ジャイブと来れば そうそう 自転車と青春のミックスもの
「セカンドウインド」(川西蘭)も そろそろ続きが読みたいけど どうなってるかな?

知らないうちにいろいろ進んでいるんやなぁ
[PR]
by hangzhou21 | 2009-11-29 18:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 顔見世 ■ 逃げるのはチンピラ >>