■ 夢をみるのは幸せ!

抱えきれないほどの仕事なのに
何故か若いのを連れてお初天神近くの某飲み屋(いつもの煙たい焼鳥屋ではなく)
店のつくりとはうらはらに庶民的なメニューで
ビールやら泡盛のシークワーサーロックがやたらと進む
(内装はともかく静かなところが気に入った! また来ようかな)
若いのからはいろんな話しが出てきて
こうして話していると 職場の内外のことが見えてくる
今まで別々のことと捉えていたものが繋がったり
見落としていたことに気付いたり
毎日では疲れ果ててしまうけど たまにはいいな
別に役に立つから飲むのではなく 楽しいから飲むんだから
情報ではなく 若いのそのものに気付きがある それもいい

飲み疲れていたのか
草津までの新快速の車中 本も開けずに大阪を出るや否や爆睡
気が付けば 瀬田の橋を渡っている(寝過ごさなくて良かった!)
夏前からず~と力が入っているクライアントの仕事
気に入ってもらっているのか それとも 嫌われているのか
まだよく掴めていないけれど
ちびっと気を緩めていたところを突かれる しまった!
経験が浅い営業が担当だけに ボクがしっかりフォローしておくべきだった
まだ取り返しはつくのだろうけど この失点はいささか痛い!

このクライアント
多くの若手社員さんのインタビューを重ねているんだけど
珍しく その誰もが“魅力的”なのだ
こんなことは ほんとうに珍しく いわゆる“いい会社”
BtoBで地味なメーカーなのが惜しい!
もちろん ボクが出会うのは“選ばれた人”たちなんだけど
ここまでず~と“ハズレ”がないのもね 凄い!
こうなると ボクの仕事はやっぱり
この魅力や凄いところをどうやってコトバやビジュアルで表現するか
これがなかなか難しい!

失敗したのはまだ取り返せるから仕方ないとして
帰りのJRの中で考えていたのは
作業ではなく思考として前向きに悩むことの幸せ
後ろ向きではなく 前向きにこうして悩めるのはいいね
クライアントにどう夢を見てもらおうか
その方法を夢見る自分の姿 実はそれは凄く楽しいことなのだ
[PR]
by hangzhou21 | 2009-11-20 23:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 内子座 ■ 苦戦してます >>