■ 淀で散る

記憶を探って調べてみると
タイキシャトルのスワンステークス以来だと思う
もう一度調べると そのスワンステークスは97年の10月だというから
実に12年ぶりということになるから「ほんまか~?」と思うけど
確かに それくらい淀へは出陣していなかったかもしれない
同じ関西圏にある競馬場とはいえ 仁川と淀は流れている空気も違うような...
拙宅を出てから1時間40分は やはり遠い!

若いのも若くないのも交えて5人
ゴール前よりもやや4角に近いスタンドに陣取る
阪神と違って自由席にはモニターが無く 他場のレースの実況がないのは困る
それにしても どうも秋に入ってからリズムが狂いっぱなし
どうしようもないほど当たらない
単勝に絞って予想するんだけど これが恐ろしいほどさっぱり...
大波乱のメインを含めて全36レース参加し 的中は三っつだけだからね...
う~ 有馬か金杯まで短期放牧へ出ることにします とほほ...

2歳の1勝クラス「黄菊賞」の勝馬はダノンパッション(父アグネスタキオン)
これは強い! 直線抜け出すときの脚はこのクラスの脚ではなかった
相当出世すると見たけどどうかな?

帰りは混んだ京阪に揺られ京橋まで
同行の5人ともさっぱりだったので
和牛のはずが もつ鍋(これも和牛かな?)を囲んで反省会
ああでもない こうでもないというよりも
競馬とは関係ないお話しで盛り上がりました

しかし
寒かったなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2009-11-15 21:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 「青が散る」 ■ 白髪三千丈 >>