■ 白髪三千丈

このところ
相次いで 何故かカメラマンさんが ボクがアタリで写っているカットを紙焼にしてくれる
要は モデルさんの代わりにボクが立って具合を確かめるためにシャッターを切ったカット
それをプリントしたものをオマケで納品に付けてくれている
我ながら アホみたいに緊張感が無い顔をしている 情けない
それよりも ショックだったのは
「こんなに白いの!」

丹後に居る伯父さん(父の兄)は
今でもアタマは真っ黒で白髪も見当たらないし
少々細くはなっているけれどたっぷりと髪がある
ボクの父親は たっぷりとはあったけどかなり白かった
ボクは やや細くはなったものの 量はたっぷりある

ここ数年で急激に白いものが増えている
写真を見ると 極端なカットだと半分は白いように見えるなぁ...

急遽
一度使ったものの ず~っと使っていなかった白髪染めの出番
だいたい 白い部分はわかっているから
そこを重点的にね...
う~む 若返ったような気もする!
ボクは坊主アタマに刈っているから あんまり長持ちしないのが残念
すぐ刈るのなら 思い切って面白い色に染めるのもありやけどなぁ...
染めるのかどうかはともかく
この急に増えた白いの やっぱり心労とかストレスなのかな
そうだとすれば 染める手も休まりそうにないか...

黒くなった髪を鏡に写していると
何故かニヤニヤ
[PR]
by hangzhou21 | 2009-11-14 20:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 淀で散る ■ すきま風の夜 >>