■ すきま風の夜

忙しい
奈良の件は落着して印刷に入ったし
もう一件も リーフレットは校了し印刷へ投げたし
ページモノのパンフもなんとか約束ギリギリで初校を出す
(乱ちゃんありがとう~!)
これで ほっと一息
(もうひとつ MMと組んでいるパンフは残っているけど)

若いのが
休日も返上して頑張った提案が通るという 嬉しいお知らせ
このクライアントは ボクが二代続けて手懸けて
今回は若いのにバトンタッチしていたこともあって気になっていた
この若いのの“熱さ”が デザイナーさんやクライアントを動かしたんやな!
ほんと嬉しかった!
まぁ 提案して取ることが目的ではない
その後の作り込みにも情熱を持って 納得の一作をこさえてください!
(最近行列が短くなったclub harieのバームクーヘンでお祝いしました!)

しかし
別の若いのには ほとほと手を焼いている
あっちが収まればこっち こっちが済んだらまたあっち...
心が休まるヒマもない
朝に叱ったら 夕方には別の案件(これは不可抗力)でミスが出る
ほんと涙が出そうになる
考え方を切り替え じっくり対話路線で行こうと思っていた矢先
もう どうしていいのかわかりません...


木曜の夜 ちょっと むしゃくしゃしていたので
哲くんを誘って MMが行って美味しかったと報告してくれた
“大阪で二番目に美味しい”服部の「赤春園」へ
「何が哀しいて わざわざ服部まで行かなあかんねん」と思いながらも
たどり着いた趣がある店のカウンターに座る
水ギョウザはかなり美味しかった(スープが)!
ピリ辛の唐辛子炒めをつまみながら思い出していたのは
釣師さんの家のそばにある「やっこ」
ここの先代のオヤジがこさえるカレー中華丼は絶品やったなぁ...

お店に入ったのがすでに22時を過ぎ
ボクが愚痴をこぼすうちに ジョッキは空いていく
ほんま この春から哲くんが大阪に帰って来てくれて助かる
そうやなかったら きっと 白髪は今の10倍は増えてたやろうなぁ...
古い友人はほんまにありがたいものです
そうこうするうちに
MMからは「東通で焼鳥で一杯やってま~す そっちはどうですか?」なんて呑気なメイルが届く
ほんま
心の中とはウラハラだけど
こうして 豊中の一夜は深々と更けて行くのでした ちゃんちゃん...
[PR]
by hangzhou21 | 2009-11-13 23:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 白髪三千丈 ■ 危険な関係 >>