■ 初冬の氷ノ山へ

今月の初めに冬の便りが届いている
西日本の大山も冠雪したとニュースで言っていた
きのうは立冬やったしなぁ
こうなるとぼやぼやしていられない!

このところはハイキング倶楽部の例会ばかりで
お山を歩いてもなんだか満たされない気分が続いていた
(もちろん それなりに楽しんではいるんだけど...)
森の音さんに頼んで 一緒に氷ノ山へ
朝の4時に集合して 中国道から舞鶴若狭道をぶっとばす
6時半に福定親水公園を出発し 周回コースを戻ってきたのは12時15分
およそ6時間の山行は山あり谷ありでしたが それなりに充実感もあって満足!

歩き出して少しも行かないうちに
コースの脇に白い雪が残っている
一週間も経てばすっかり消えていると思っていたのにびっくり
地蔵堂まで高度を稼ぐ一気の上りが応えた
途中の水場 そこまでにすっかり空けてしまったペットボトルを満たす
稜線歩きは 雪解けの影響でかなりの悪路(スパッツ付けてきて良かった!)
ラストの階段がキツかった
汗びっしょりでなんとかかんとか山頂へ
遮るものがなにもないピークは寒いくらい(フリースを持ってくれば良かった...)
避難小屋でストーブを付けてシーフードヌードルで暖を取っていると
「なんで?」と首を傾げてしまうような団体さまご一行が到着
彼らの傍若無人振りにすっかり気分を損なう

帰路
看板が目に入って 国道からちびっと入ったところにある「万灯の湯」へ
のんびり汗を流して これまたリフレッシュできました
森の音さんしんくん お疲れさまでした ありがとう!
[PR]
by hangzhou21 | 2009-11-08 17:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 初冬にみる「春の夢」 ■ 九条新道の夜 >>