■ 枕を替える

真夏になる前
寝ゴザとセットで買ったイグサの枕
寝ゴザはとうに仕舞ったけど イグサの枕はまだ使っていた
安物だからか 中のクッションはヘタって変形してしまっている
そんなこともあって ホームセンターへ行ったついでに枕を買った
考えてみたら 枕だけではなく布団にしても毎日使うものなのに
意外なほど買い換えることは滅多にない 何だか不思議な気もする
シーツ(布団カバー)も買おうかと思ってコーナーでいろいろ見たけど
価格重視の品揃えで 楽しくないのでそれはやめた
枕は青森産のヒバエキスが練りこんであるというふれこみのパイプが入っている(ほんまかいな!)
これで悪夢にうなされることもなく 安眠間違いなし!
もっとも ボクは寝入りがものごっつい良いうえに
極端に寝相が悪く 眠りながらかなり暴れるらしい
(本人には全く自覚はないんやけど...)
だから 結局はどんな枕でも最初の10~20分ほどしかアタマの下にはない(のだろうな)
それでも 枕を替えて 気分を一新することも大切かもね!


今朝
予報どおり天気は良かったけれど やっぱり お山には行かず
何の準備もしてなかったしね
結局 パラ経由で仁川に出陣!
淀の2Rに いつかの複勝でご縁があるピノブラン号が出走することは気がついていた
ボクが知らないうちに走った前走は14着だから 当然今日も全く人気が無い
「こりゃ ボクのための願ってもないお膳立てや!」とニヤリ 応援馬券をたんまりと買う
好発から直線を向いても2番手 「ひょっとしたら勝ってしまうかも...」と手に汗を握ったものの...
伸びきれずにズブズブ... がっくし...

こうなったら長居は無用 早々に仁川から退陣
11/3のハイキングの下見も兼て ちょっと歩いてみる
折からの好天 Tシャツ1枚だったけど 歩くだけでみるみる汗が流れる
ピクセンなんて何年ぶりだろう ひょっとしたら30年くらい過ぎているかもしれない
ボクのあやふやな記憶 大小の石がごろごろしている河原だと思っていたけど
実際は砂地の河原だった
昔はボート乗場とか売店があったような気がしたけど
それは 知っている人だけがわかるような面影が残っているだけ
行楽の季節だし もっと人がいるのかと思ったら
自然教室のような催しなのか 捕虫網を持った親子連れが30名ほどいたけど
そのグループ以外は 閑散(というか片手で足りるほど) ちびっと拍子抜け
水道の設備はないけど トイレがあるのを確認
これなら なんとかなるでしょう きっと
[PR]
by hangzhou21 | 2009-10-31 19:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 十月のランチ ■ 長~い一週間でした >>