■ 明日は伊吹

暑い夏が終わる
ちっとも世話をしていなかったのに
庭に出てよ~くみると
秋咲きのツバキ「安芸小町」はすっかりツボミを大きくなっている
そうか~ 朝晩はめっきり涼しくなったし
植物たちは季節が移ろっていくのを確実にキャッチしているんだな
肥料は滅多にあげないし おざなりな水遣りなのに
ちゃんとツボミを膨らませてくれるとは なんとも健気で申し訳なく思う
ちょこちょこっと 最低限の剪定などをする
さぁ 厳しい暑さも終ったことだし 次の休みにはちゃんと施肥しようか

明け方に肌寒さを憶えると
そろそろキンモクセイが咲くころかな
拙宅のキンモクセイはほんとうに花が少ないんだけど
この秋はどうかな?

お彼岸でお坊さんにお参りにお越しいただいたのに
うかつにもそれをっすっかり失念して 歌舞伎を観に行ってしまったので
せめてと思い 庭仕事を終え お墓参りも兼ねて仁川へ行く途中パラに寄る
久しぶり
チチチと呼ぶと クツシタがミャァ~と寄ってくる
よっぽどお腹が空いているのかな
上に行くと サビかあさんがごろごろと出てきた
いつもいるはずの ジニとクマちゃんは出てこなかったけど元気にしているのかな?
出てきた二匹にカリカリをあげると むさぼるように食べておりました
お墓に行き 花の水を替えてからお参りしておきました


     ※    ※    ※      ※    ※    ※


日曜の仁川
5Rは新馬戦
この時期の芝の1,800mだから 有力馬が集まる
勝ったサクラエルドール号は次走も人気でしょうね きっと
このレース 人気薄で3着に入ったのがピノブラン号
ピノブランとは白ワインのブドウの品種名
先行して 内側でじ~として直線一旦先頭に立つものの
切れる脚がなく 外から切れる馬に刺されて3着
でも見どころはあって メンバーに恵まれればすぐにでも勝ちあがれそう
サンデーレーシングの馬
クロフネに母父はメジロマックイーン
確かに長いところが良さそう
これから注目してみよう


     ※    ※    ※      ※    ※    ※


こないだの土曜の朝
名古屋へ向かう新幹線から見上げた伊吹山
雄大で屏風のようにそびえ立っていた
晴天だしな その姿にそそられる
(ほんまに2時間半で歩けるんかいな?)

今日も晴天だったけど 明日はどうももうひとつみたい
いい天気だと 西は琵琶湖 東は名古屋の街並み 北は白山 南は鈴鹿の山並み...
360度の展望が得られるんだけど どうかな?
展望についてはあきらめもつく
だから せめて降らないで欲しいけど どんなもんでしょう?
[PR]
by hangzhou21 | 2009-09-21 19:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 伊吹でバテる ■ 拍で日焼け >>